トップページ


たいしゅううんどう【大衆運動】

一定の政治的、経済的、社会的、文化的な目的の実現のために、大衆が主体となって行う運動。

たいしゅうえんげき【大衆演劇】

大衆を観客の対象とする娯楽本位の演劇。軽演劇・レビュー・ミュージカルなど。

たいしゅうか【大衆化】

[名](スル)一般の人々の間に広く行き渡ること。一般大衆のものになること。また、そのようにすること。「海外旅行が―する」

たいしゅうかぜい【大衆課税】

収入の少ない一般大衆に租税を負担させること。消費税など。

たいしゅうぎょ【大衆魚】

値段の安い、庶民向けの魚。アジ・サバ・サンマ・イワシなど。

たいしゅうげいごうしゅぎ【大衆迎合主義】

⇒ポピュリズム3

たいしゅうさかば【大衆酒場】

値段が安く、料理なども庶民的で気軽に楽しめる雰囲気の酒場。

たいしゅうさっか【大衆作家】

大衆小説をおもに手がける作家。

たいしゅうざっし【大衆雑誌】

大衆向けの娯楽雑誌。大衆誌。

たいしゅうし【大衆紙】

ゴシップ記事や娯楽的な内容などを多く取り扱う新聞。英国などの階級社会において、労働者層に好まれる。ポピュラーペーパー。→高級紙

たいしゅうし【大衆誌】

⇒大衆雑誌

たいしゅうしゃかい【大衆社会】

政治・経済・社会・文化のあらゆる領域で、大衆が重要な役割を果たす社会。特徴は、技術的合理性、役割の専門化、人間関係の非人格化、人口の集中化、またその反面の、孤独、個性喪失などである。

たいしゅうしょうせつ【大衆小説】

一般大衆を対象にして書かれた通俗的、娯楽的な小説。大衆文学。

  • 最終更新:2015-05-23 14:19:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード